高井たかし(民進党)公式サイト | 民進党内で新たに設置された「第4次産業革命小委員会」で副座長を務めることになりました。 第1回は経済産業省から「新産業構造ビジョン」について、第2回目は東京大学の松尾豊准教授から「人工知能技術の現状と未来」について、お話を伺いました。 松尾先生から、「農業、建設業、食品加工業、組立加工業は、最もAIとロボットに置き換わる可能性が高い産業である」との説明があり、改めて、経済産業省が主張する「日本が得意とする『ものづくり』を起点とするプラットフォームの世界展開」がこれから重要であることを再認識いたしました。
27717
single,single-post,postid-27717,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.9,wpb-js-composer js-comp-ver-4.4.4,vc_responsive

民進党内で新たに設置された「第4次産業革命小委員会」で副座長...

31 3月 民進党内で新たに設置された「第4次産業革命小委員会」で副座長...

民進党内で新たに設置された「第4次産業革命小委員会」で副座長を務めることになりました。

第1回は経済産業省から「新産業構造ビジョン」について、第2回目は東京大学の松尾豊准教授から「人工知能技術の現状と未来」について、お話を伺いました。

松尾先生から、「農業、建設業、食品加工業、組立加工業は、最もAIとロボットに置き換わる可能性が高い産業である」との説明があり、改めて、経済産業省が主張する「日本が得意とする『ものづくり』を起点とするプラットフォームの世界展開」がこれから重要であることを再認識いたしました。