高井たかし(民進党)公式サイト | 民進党「カジノ検証PT」がスタートし、長妻昭衆議院議員が座長に就任いたしました。 本日は政府(内閣官房IR準備室、法務省、厚生労働省、警察庁等)からヒアリングを行いました。 私からは、ギャンブル依存症対策について、以下の点を指摘しました。 「ギャンブル依存症対策の説明を厚労省が行っているのは違和感がある。パチンコは警察庁が、競馬は農水省が、競輪は経産省が、それぞれ依存症対策に取り組まなければ実効性がない。これらすべての司令塔となるのは内閣官房IR準備室ではないのか?また、ギャンブル依存症対策基本法をつくるのはどこなのか?その内容やスケジュールは?」 これに対する政府の答えは、 「昨年末にギャンブル依存症対策関係閣僚会議を開催し、その事務局は内閣官房副長官補室が担っている。ギャンブル依存症対策基本法は出すかどうか含めてまだ何の検討も行っていない。」 というとても後ろ向きな回答でした。 内閣官房副長官補室というのは、単なる閣僚会議の事務局を担うだけの組織で、人員もいないため、ここや厚労省が担うのでは、ギャンブル依存症対策を本気で取り組む気があるとは思えません。 言葉だけの、形だけのギャンブル依存症対策とならないように、しっかりチェックしていきます。
27453
single,single-post,postid-27453,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.9,wpb-js-composer js-comp-ver-4.4.4,vc_responsive

民進党「カジノ検証PT」がスタートし、長妻昭衆議院議員が座長...

10 3月 民進党「カジノ検証PT」がスタートし、長妻昭衆議院議員が座長...

民進党「カジノ検証PT」がスタートし、長妻昭衆議院議員が座長に就任いたしました。

本日は政府(内閣官房IR準備室、法務省、厚生労働省、警察庁等)からヒアリングを行いました。

私からは、ギャンブル依存症対策について、以下の点を指摘しました。

「ギャンブル依存症対策の説明を厚労省が行っているのは違和感がある。パチンコは警察庁が、競馬は農水省が、競輪は経産省が、それぞれ依存症対策に取り組まなければ実効性がない。これらすべての司令塔となるのは内閣官房IR準備室ではないのか?また、ギャンブル依存症対策基本法をつくるのはどこなのか?その内容やスケジュールは?」

これに対する政府の答えは、

「昨年末にギャンブル依存症対策関係閣僚会議を開催し、その事務局は内閣官房副長官補室が担っている。ギャンブル依存症対策基本法は出すかどうか含めてまだ何の検討も行っていない。」

というとても後ろ向きな回答でした。

内閣官房副長官補室というのは、単なる閣僚会議の事務局を担うだけの組織で、人員もいないため、ここや厚労省が担うのでは、ギャンブル依存症対策を本気で取り組む気があるとは思えません。

言葉だけの、形だけのギャンブル依存症対策とならないように、しっかりチェックしていきます。