高井たかし(民進党)公式サイト | 3月25日、維新の党と民主党は共同で「政官接触記録法案」を提出いたしました。(維新の党として最後の法案提出となりました。) 法案提出後の記者会見で、法案提出の趣旨・背景について、私から以下のように説明しました。 この法案は、本年1月、国家公務員の月給を1000円アップする「給与法」に維新の党が賛成する条件として、民主党と合意した事項の一つである「公務員制度改革調査会」(私と民主党大島政調会長代理が共同会長)でまとめた法律であり、維新・民主統一会派の成果の一つです。 現在の国家公務員制度改革基本法は、政官の接触記録(国会議員と官僚とのやりとりの記録)の作成・保存を義務付けていますが、これが骨抜きにされ、法施行以来1件の記録も残されていません。 甘利前大臣の口利き疑惑においても、UR(都市再生機構)側には記録が残っていますが、国土交通省には全く記録が残っていません。こうした口利きを防止するためにも、新たな法整備が必要であり、今回提出いたしました。 私の経験からして、官僚は上司に報告するため必ずメモは残しています。したがって、この法案は官僚に新たな負担を強いるものではなく、このメモを正式な行政文書として残すことにより、政治家からの圧力を未然に防ぐための法律です。 この法律の必要性を内閣委員会等で訴え、成立するよう全力を尽くします。
21518
single,single-post,postid-21518,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.9,wpb-js-composer js-comp-ver-4.4.4,vc_responsive

3月25日、維新の党と民主党は共同で「政官接触記録法案」を提...

28 3月 3月25日、維新の党と民主党は共同で「政官接触記録法案」を提...

3月25日、維新の党と民主党は共同で「政官接触記録法案」を提出いたしました。(維新の党として最後の法案提出となりました。)

法案提出後の記者会見で、法案提出の趣旨・背景について、私から以下のように説明しました。

この法案は、本年1月、国家公務員の月給を1000円アップする「給与法」に維新の党が賛成する条件として、民主党と合意した事項の一つである「公務員制度改革調査会」(私と民主党大島政調会長代理が共同会長)でまとめた法律であり、維新・民主統一会派の成果の一つです。

現在の国家公務員制度改革基本法は、政官の接触記録(国会議員と官僚とのやりとりの記録)の作成・保存を義務付けていますが、これが骨抜きにされ、法施行以来1件の記録も残されていません。

甘利前大臣の口利き疑惑においても、UR(都市再生機構)側には記録が残っていますが、国土交通省には全く記録が残っていません。こうした口利きを防止するためにも、新たな法整備が必要であり、今回提出いたしました。

私の経験からして、官僚は上司に報告するため必ずメモは残しています。したがって、この法案は官僚に新たな負担を強いるものではなく、このメモを正式な行政文書として残すことにより、政治家からの圧力を未然に防ぐための法律です。

この法律の必要性を内閣委員会等で訴え、成立するよう全力を尽くします。