高井たかし(民進党)公式サイト | TPP
211
archive,tag,tag-tpp,tag-211,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.9,wpb-js-composer js-comp-ver-4.4.4,vc_responsive

TPP Tag

14 2月 夕方から岡山駅ビックカメラ前での街頭演説。 時おり激しく雨が...

夕方から岡山駅ビックカメラ前での街頭演説。 時おり激しく雨が降る中でしたが、月曜日の予算委員会で質問する予定の「議員定数削減」「アベノミクスの限界」「TPP合意と国内法の矛盾」等ついて、小1時間訴えました。 もちろん、参議院選挙岡山選挙区の黒石健太郎予定候補の応援演説もしっかりやりました。32歳の大学後輩です。維新の党はいち早く推薦を決定し、全力で応援します。...

Read More

13 2月 本日17時15分から放送のRSKイブニングニュース「国会報告...

本日17時15分から放送のRSKイブニングニュース「国会報告」の収録に行ってまいりました。 月曜日の予算委員会において、安倍総理に問い質す予定の「議員定数削減」と「TPP問題」についてお話しするとともに、参議院選岡山選挙区の話(残念ながら「黒石健太郎」という氏名を出すことはNGでした)もしたので、ぜひご覧ください。 また、月曜日の予算委員会はNHKで放映される予定(14時15分~45分)なので、こちらもぜひご覧ください!!...

Read More

09 2月 約1年ぶりに予算委員会で質問に立ちました 冒頭、石原新大臣に...

約1年ぶりに予算委員会で質問に立ちました 冒頭、石原新大臣に対して、甘利前大臣からどの程度の引継ぎがあったか問い質したところ、「電話で20分間」との答えでした。石原大臣は経済財政政策の司令塔(成長戦略も担当)であり、TPPはもちろん、マイナンバーや個人情報保護制度も担当しています。特にTPPは、甘利前大臣が各国との交渉を一手に引き受けており、甘利氏のブログには、「TPP交渉では、半分以上は事務方を排して1対1で行った」と書かれていて、甘利氏しか知りえないTPPの交渉内容をわずか20分間の電話でどうやって引き継ぐのか?不思議でなりません。 TPP合意の中で最も「敗北」した分野と言われる「知的財産権(特に著作権)」について、 ①著作権保護期間の50年から70年の延長 ②著作権侵害罪の一部非親告罪化 ③著作権への法定賠償制度の導入 等についての見解を問いました。 特に「法定賠償制度」は、民法709条の「補填賠償原則」に反するため、法学者の間では、「我が国の法体系上認められない」との意見が大勢を占めており、民法を所管する岩城法務大臣にそのことを問い質しましたが、全く答えることができませんでした。安倍総理は「TPP関連の国内法整備は今国会中に行いたい」と発言しておりますが、著作権法改正案は法務省や内閣法制局と揉めており、未だに法案ができていません。このような状態で、本当にTPP合意を実現できるのか?極めて疑問です。 本日は、法務大臣の答弁が迷走し、ほとんど議論が前に進みませんでしたので、著作権の問題は引き続き取り上げてゆきたいと思います。...

Read More

22 1月 維新の党と民主党の両党で、「TPP協定大筋合意に対する考え方...

維新の党と民主党の両党で、「TPP協定大筋合意に対する考え方(中間報告)」をまとめた。 民主党が作成した原案には、「農業」「自動車」における問題点の指摘はあったが、「知的財産(著作権)」についての記述はなかったため、私から強く主張し、入れてもらった。 この知的財産分野は、政府も認めるように、最も「交渉に敗北」した分野であり、今後、国内法と整合性の取れた法整備ができるかどうか甚だ疑問である。合意内容と異なる法律となれば、諸外国から協定違反として提訴されるおそれもある。 今後の国会審議を通じて、しっかり指摘してゆきたい。...

Read More

22 1月 TPP協定の知的財産分野について、内閣官房・外務省・文化庁の...

TPP協定の知的財産分野について、内閣官房・外務省・文化庁の担当者から説明を受けました。 著作権分野において、 ① 保護期間が50年から70年に延長される ② 侵害罪の非親告罪化(告訴が無くても検察が公訴できる) ③ 侵害罪について法定賠償制度を設ける(損害賠償額を立証しなくてもよい) 等が問題となっています。 特に②と③により、訴訟が乱立し、コミケ(コミックマーケット)など二次創作が萎縮する心配が指摘されています。これまで政府高官からの説明では、「国内法で担保するから大丈夫」との説明だったのですが、担当者から詳しく聞いてみると、問題は何ら解決されておらず、担当者も頭を悩ませています。 ②については、「収益性に大きな影響を与えない場合はこの限りではない」という和訳は、原文(英文)とは異なるあきらかな「意約」であり、コミケの二次創作物等に対して著作権侵害罪を適用されるおそれが十分あります。 ③については、我が国の民法は「被った損害の賠償」が原則であり、法定賠償制度を我が国の民法に規定するのは難しいと、内閣法制局や法務省は主張しており、法案提出を間近に控えて、案文すらできていないのが現状です。 内閣官房のTPP担当者も、「著作権はもっともハードルが高い」と認めています。政府高官が説明するように簡単にはいかないと思います。この問題は引き続き注視し、我が国で著作権の訴訟が乱立し、創作活動が萎縮することが無いようしっかり監視してまいります。...

Read More

07 1月 維新・民主党の「財務・金融合同部門会議」に出席し、平成27年...

維新・民主党の「財務・金融合同部門会議」に出席し、平成27年度補正予算案について議論しました。 今回の補正予算は、問題点が山積で、主なものだけでも、 ① 1.9兆円の税収増は、本来、借金の返済(国債の償還)に充てるべきなのに、全て使い切っている(しかもムダづかいがほとんど)。 ② 1100万人の高齢者に1人3万円配る(しかも参議院選挙直前)年金生活者等給付金は、選挙対策のバラマキだ。 ③ TPP協定案はまだ国会で承認されていない(議論すらされていない)のに、TPP対策予算が3400億円も計上されている。 等々が指摘されています。 私が一番問題だと思っているのは以下の点であり、その旨を発言しました。 「希望出生率1.8(待機児童ゼロ)を実現するために、保育所の整備等ハードの予算ばかりが目立つが、この問題の本質は、保育士不足にある。保育士の給料は他産業に比べて月額10万円ほど安く、保育士の資格はあっても、なり手がいない。今やるべきことは、保育所の整備ではなく、保育士の待遇改善である。希望出生率1.8・介護離職ゼロに直結する緊急対策4000億円は、保育士・介護士230万人の待遇改善にこそ使うべき。」...

Read More

03 12月 相変わらず臨時国会は開かれないのですが、「閉会中審査」といっ...

相変わらず臨時国会は開かれないのですが、「閉会中審査」といって、国会閉会中でも必要があれば委員会を開くことができます。我々野党からの強い要求により、ようやく委員会が開かれることになりました。 本日は、「TPP」について、内閣委員会と農林水産委員会の合同審査会が行われ、維新の党を代表して質問に立ちました。 冒頭、「憲法に基づき、4分の1以上の議員の要求があるにも関わらず、臨時国会が開かれないことは明白な憲法違反であり、言語道断だ。」と申し上げ、強く抗議しました。加えて、10月7日に内閣改造が行われ、多くの新任大臣が就任したにも関わらず、2ヶ月経っても所信表明が行われていないことも問題視しました。過去10年間の国会議事録を調べたのですが、内閣改造で大臣が替わったにも関わらず、大臣所信表明がなかったのは最長で2ヶ月でした。このまま臨時国会が開かれないと、3ヶ月以上、新任大臣の所信を聞かずに政治が行われるという異常事態であることを指摘し、「臨時国会を開くべき」と重ねて主張しました。 本日の議題は「TPP」で、著作権分野で懸念事項がたくさんある(保護期間の50年→70年への延長、著作権侵害罪の非親告罪化、法定損害賠償制度等)のですが、国民的関心事である「一億総活躍社会」と「マイナンバー」についての質疑のチャンスがないため、今日はこちらを優先して質問しました。 「一億総活躍社会」については、 ① 介護や保育の分野では、施設整備よりも人材確保が急務。介護士・保育士の賃金は全産業平均より10万円以上安く、重労働を強いられており、なり手がいない。いつまでにどのように待遇改善に取組むのか。 ② 「保育園のIT化」は評価するが、150以上の保育園を回った経験から、保育園の最大の課題は、保育士と親とのコミュニケーション。未だに「電話」と「紙の連絡帳」を使っているが、スマホを活用すべき。 ③ 「不妊治療助成の拡充」は評価するが、2年前に助成回数の制限(10回→6回)や対象年齢の制限(43歳未満)を設け、縮小したばかり。「看板に偽りあり」とならないよう、2年前の助成制度を上回るものにして欲しい。 という3点を質問しました。 「マイナンバー」については、 ① 通知カードの配達が予定より大幅に遅れ、郵便局が謝罪に追われているが、明らかに計画に無理があり、郵便局の責任ではない。政府はどのように計画を立てたのか。 ② 来年1月から制度がスタートするが、実際に「個人番号カード」を受け取れるのはいつ頃か?(「早くて1月中旬。遅ければ2月中旬」という回答でした。) ③ デメリットばかりが強調されているマイナンバーだが、政府はもっとメリット(税の公平性確保により、税収が○○円増える等)をPRすべき。 という3点を質問しました。 30分ではとても時間が足りません。引き続き、臨時国会の開催(百歩譲って「閉会中審査」の開催)を強く求めてゆきます。...

Read More

03 12月 本日久しぶりに質問に立ちます。 臨時国会を開かない安倍内閣は...

本日久しぶりに質問に立ちます。 臨時国会を開かない安倍内閣は、ついに我々野党の要求を呑んで、「閉会中審査」に応じることになりました。本日は、TPPを主な議題とする内閣・農林水産委員会の連合審査会が開かれます。 私の出番は、12時~12時30分です。 TPPは著作権関係を質問します。この他、今問題となっているマイナンバー、一億総活躍社会(介護士・保育士の待遇改善、保育園のIT活用、不妊治療支援の拡充)についても質問します。 インターネットで中継されますので、ぜひご覧ください。(録画でも視聴できます。) http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php...

Read More

03 12月 衆議院インターネット審議中継

本日久しぶりに質問に立ちます。 臨時国会を開かない安倍内閣は、ついに我々野党の要求を呑んで、「閉会中審査」に応じることになりました。本日は、TPPを主な議題とする内閣・農林水産委員会の連合審査会が開かれます。 私の出番は、12時~12時30分です。 TPPは著作権関係を質問します。この他、今問題となっているマイナンバー、一億総活躍社会(介護士・保育士の待遇改善、保育園のIT活用、不妊治療支援の拡充)についても質問します。 インターネットで中継されますので、ぜひご覧ください。(録画でも視聴できます。) http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php このビデオライブラリは、国会審議テレビ中継で収録した音声と映像をそのまま提供しています。...

Read More

12 11月 「国会は一年中開くべき」 私の昔からの持論だ。国会に会期があ...

「国会は一年中開くべき」私の昔からの持論だ。国会に会期があるため、会期末になると日程闘争が起こり、今回の安保法制のように、強行採決だ、牛歩だ、ということが起こる。会期など無くせば、こういうくだらないことは起こらない。 そもそも、税金からこれだけの給与をいただいている国会議員が、何ヶ月も国会を閉会し、休む方がおかしい。国会が開いていようと閉じていようと、世の中は常に動いている。今だって、TPP、軽減税率、原発再稼動、沖縄基地問題、南シナ海への中国進出等々国会で議論しなければならない課題は山積している。国会議員が休んでいる場合ではない。 一年中国会を開く「通年国会」が理想だが、そのためには憲法改正が必要となる。しかし、憲法改正しなくても、実質的な通年国会は可能だ。韓国では、我が国と同じように「国会議員4分の1の要求があれば、臨時国会を開かなければならない」との規定があり、これにより、事実上一年中国会(臨時国会)が開かれている。 しかし、安倍政権は、4分の1以上の国会議員の要求があるのに(我々野党は10月21日に憲法53条の規定に基づき、衆参両院議長に臨時国会召集を求めている)、臨時国会を開かない方針だ。「憲法には、いつまでに開かなければならないとは書いていない」というのが理由だそうだ。 このようなことでは、憲法53条は無意味となってしまう。しかも、自民党は野党時代に、憲法53条に「20日以内に召集する」という文言を加える憲法改正草案を出している。自らが与党になった途端に、「開かなくてもいい」と言うのは、ご都合主義としか言いようがない。 今からでも遅くはない。一日も早く、臨時国会を開くべきである。 そしてこれを機に、我々野党も4分の1以上の議員を集め、常に臨時国会の開催を要求し続け、「事実上の通年国会」を実現すべきである。 ...

Read More

21 10月 「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟」に出席しています。...

「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟」に出席しています。TPPによる著作権侵害の非親告罪化について、議論しています。直接交渉にあたった内閣審議官から、「広く読める協定内容であり、国内法の整備段階できちんと配慮すれば、心配はない」との発言がありました。議連の幹事長が文部科学大臣なので、大丈夫だとは思いますが、しっかりチェックしていきたいと思います。...

Read More