高井たかし(民進党)公式サイト | フィンテック
191
archive,tag,tag-191,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.9,wpb-js-composer js-comp-ver-4.4.4,vc_responsive

フィンテック Tag

07 5月 高井たかしの全力放送!!

今夜10時から「ニコ生放送」やります。最近国会で取り上げた「川内原発は一旦停止すべきではないか?」「なぜ新エネ・省エネは増えないのか?」や「新経済政策(IoT、フィンテック、ドローン、自動走行・・・)」について、思いの丈をお話すると同時に、皆さんからのご質問にできるだけお答えしたいと思います。ぜひご覧ください! http://live.nicovideo.jp/watch/lv262072504 こんにちは!!衆議院議員『高井たかし』ですこの番組は政治の今をお伝えします!...

Read More

07 5月 今夜10時から「ニコ生放送」やります。最近国会で取り上げた「...

今夜10時から「ニコ生放送」やります。最近国会で取り上げた「川内原発は一旦停止すべきではないか?」「なぜ新エネ・省エネは増えないのか?」や「新経済政策(IoT、フィンテック、ドローン、自動走行・・・)」について、思いの丈をお話すると同時に、皆さんからのご質問にできるだけお答えしたいと思います。ぜひご覧ください! http://live.nicovideo.jp/watch/lv262072504...

Read More

02 5月 「フィンテック法(銀行法等改正)」審議の模様をアップします。...

「フィンテック法(銀行法等改正)」審議の模様をアップします。1時間フィンテックについてみっちりと質疑を行ったのはこれが初めてだと思います。これからもっともっと国会で取り上げてゆきます。 https://www.youtube.com/watch?v=4yzp6YdV-z0...

Read More

02 5月 4月27日財務金融委員会

「フィンテック法(銀行法等改正)」審議の模様をアップします。1時間フィンテックについてみっちりと質疑を行ったのはこれが初めてだと思います。これからもっともっと国会で取り上げてゆきます。 https://www.youtube.com/watch?v=4yzp6YdV-z0 フィンテックについて話しています ---------------------------------------------------------- 高井たかしのYouTubeチャンネルでは 皆様からのご意見・ご質問を募集しています 全てにお答えできないかもしれませんが いただいたご質問等は動画でお答えさせてい...

Read More

29 4月 「フィンテック法案」の審議(財務金融委員会)で、質問に立ちま...

「フィンテック法案」の審議(財務金融委員会)で、質問に立ちました。 財務金融委員会は初めてですが、麻生太郎副総理(財務・金融担当大臣)と1時間議論できたことは大変有意義でした。 フィンテックは、単なる「金融業のIT化」にとどまらず、「社会経済の仕組みそのものを根底から変える革命である」という私の持論を述べ、それに基づく質問を行いました。 フィンテックの本質を理解していただくために、冒頭敢えてドギツイ言葉を使いました。 「フィンテックによって、銀行はいらなくなります。」 「AI(人工知能)とビックデータ解析によって、IT企業が最適な融資を行えるようになります。これにより、『成功するプロジェクトなのにお金が借りられなかった』『失敗するプロジェクトに銀行がお金を貸してくれた』という事例は無くなり、社会全体に効率的にお金が配分されるようになります。」 「世界の銀行トップは既に『これからのライバルはグーグルやフェイスブックである』と言っています。」 世界各国(特に米国、英国、オーストラリア、シンガポール、香港等)は既に国家戦略として取組んでいます。フィンテックに対する投資額は世界で1.4兆円、米国だけで1000億円を超えていますが、わが国はまだ50億円程度にとどまっています(世界10位)。英国のキャメロン首相は東南アジア歴訪にフィンテック企業を帯同し、「英国がフィンテックをリードする」と主張。シンガポールや香港はアジアのハブ(拠点)になろうと世界中のフィンテック企業誘致に力を入れています。 わが国でも、民間企業を中心にフィンテックへの期待は高まっていますが、政府の対応はまだまだ不十分で、現在取組んでいるのは金融庁と経済産業省のみ。フィンテックにかかる規制は各省庁にまたがっており(犯罪収益移転防止法は警察庁、割賦販売法は経済産業省、民法・商法は法務省等々)、内閣官房「IT総合戦略室」が総合調整を行うべきと指摘しました。 また、昨年6月に策定された「成長戦略」(日本再興戦略)には、「フィンテック」という言葉は一言も出てきません。次期「成長戦略」には必ず「柱」として入れるべき、と申し上げました。 この他、昨年10月と本年2月に開催した「超党派フィンテック勉強会」等で頂戴したフィンテック企業からの要望・提案事項をもとに、以下のような質問をしました。 ① 金融庁にIT人材を増やすため、民間と人事交流すべき。民間主導で立ち上がったFINOLABなどに人を派遣することも検討すべき。 ② 民間の金融機関やITベンダーにフィンテック投資を促すべき。 ③ 仮想通貨対する消費税は非課税とすべき。 ④ 犯罪収益移転防止法の本人確認はインターネット上でできるようにすべき。 ⑤ 100万円以下の海外送金のマイナンバー記載は不要にすべき。 ⑥ LINE等のゲームアプリにまで資金決済法「前払式支払手段」を適用すべきではない。 ⑦ 金融インフラのAPIをフィンテックベンチャー等に開放すべき。 ⑧ フィンテック企業には金融機関と同じ(FISC基準のように厳しい)セキュリティスタンダードを求めるべきではない。 (※政府からの回答は後ほど、動画をアップしますので、そちらをご覧ください。) 1時間みっちりフィンテックだけの議論ができましたので、麻生副総理に対して、フィンテックの果たす役割(金融にとどまらず社会経済全体の変革を生む点)と、成長戦略の柱として国(政府)を挙げて支援すべきということを理解していただくいいチャンスになったと思います。 ...

Read More

29 4月 地方創生特別委員会にて、「国家戦略特区」について、石破大臣に...

地方創生特別委員会にて、「国家戦略特区」について、石破大臣に質問しました。 「世界で一番ビジネスがしやすい国をめざす」が目的だった特区ですが、「地方創生特区」という考えが出てきてから、特区の意味が変わってしまいました。「お試しで規制緩和をやってみる」という特区ではあまり意味が無く(規制緩和は特区でなく、全国ですぐにやればよい)、世界と競争するために大胆な「規制緩和」と「金融・税制・財政の優遇措置」を集中して支援する特区が必要です。 ロンドン、パリ、ニューヨークと戦うためには、やはり「東京」しかありません。外資系の某フィンテック企業の方がこんなことを言っていました。 「東京ほどあらゆるものが集まっている都市は無い。あとは国の支援があれば、東京は間違いなく世界の金融センターになれる。」 東京都は、大手町に「金融特区」、竹芝に「コンテンツ特区」など10の特区をつくる計画です。こうした世界に通用する特区を実現するためには、まずは石破大臣と舛添都知事が話し合うことが大事と申し上げました。また、関係省庁に対して「金融特区(大手町)」には「フィンテック特区」(金融庁)を、「コンテンツ特区(竹芝)」には「著作権特区」(文化庁)と「電波特区」(総務省)の実現を強く求めました。 加えて、地方の課題も質問しました。愛媛県今治市に50年ぶりの新設をめざす「獣医学部」について。四国4県の大学には獣医学部が一つも無く、獣医師の偏在が問題になっています。地元の岡山理科大学が力を入れており、「これは何としても実現して欲しい」と山口俊一与党筆頭理事(徳島県選出)とともに、石破大臣に強くお願いしました。石破大臣もかつて鳥取県に誘致を試みた経験があるそうで、前向きな答弁を引き出すことができました。   ...

Read More

28 4月 4月27日財務金融委員会

フィンテックについて話しています ---------------------------------------------------------- 高井たかしのYouTubeチャンネルでは 皆様からのご意見・ご質問を募集しています 全てにお答えできないかもしれませんが いただいたご質問等は動画でお答えさせていただいて おりますので、お気軽にコメント覧に書き込み よろしくお願いします ---------------------------------------------------------- YouTube以外にも様々な形で情報を発信しています 【高井たかしニコニコチャンネル】 http://ch.nicovideo.jp/takai-takashi 【高井たかしTwitter】 https://twitter.com/t_takai 【高井たかしFacebook】 https://www.facebook.com/profile.php?id=100005147231300 【高井たかしHP】 http://www.takaitakashi.com/ http://youtu.be/4yzp6YdV-z0...

Read More

27 4月 衆議院インターネット審議中継

昨日に引き続き本日もダブルヘッダーで質問です。 午前 9時00分~10時00分 財務金融委員会(フィンテック法案) 午前12時35分~12時50分 内閣委員会(ギャンブル依存症問題) これで今国会25回目の質問になります。 インターネットで生中継されます(録画でも視聴できます)ので、ぜひご覧ください! http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php このビデオライブラリは、国会審議テレビ中継で収録した音声と映像をそのまま提供しています。...

Read More

27 4月 昨日に引き続き本日もダブルヘッダーで質問です。 午前 9時0...

昨日に引き続き本日もダブルヘッダーで質問です。 午前 9時00分~10時00分 財務金融委員会(フィンテック法案) 午前12時35分~12時50分 内閣委員会(ギャンブル依存症問題) これで今国会25回目の質問になります。 インターネットで生中継されます(録画でも視聴できます)ので、ぜひご覧ください! http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php...

Read More

14 4月 総務委員会で「ICT政策」「フィンテック」について質問しまし...

総務委員会で「ICT政策」「フィンテック」について質問しました。 アベノミクスの第一の矢「財政出動」、第二の矢「金融緩和」はある程度評価しつつも、決定的にダメなのは第三の矢「成長戦略」。その原因は、成長戦略になんでもかんでも詰め込みすぎたこと。選択と集中が必要であり、「ICT」「フィンテック」を成長戦略の柱に据えるべきと申し上げました。 特に、「フィンテック」については、これだけ世界中で注目されているにも関わらず、昨年6月策定の「日本再興戦略」(=成長戦略)には一言も出てきません。「現在策定中の次期戦略には必ず入れるべき」と担当の高鳥副大臣に強く要請し、前向きな答弁を引き出しました。 また、政府のIT戦略の司令塔である「内閣官房IT総合戦略室」には、フィンテックを担当する部署がないことも指摘しました。現在IT総合戦略室には約70名の職員しかおらず(しかも半分は民間からの出向者)、これではとても人が足りません。 そこで、高市総務大臣に対して、以下の質問をしました。 我が国のICT政策の効果を上げるためには、 ① 総務省と経済産業省を統合し情報通信庁を創設する ② 総務省にIT総合戦略室の機能を移管する ③ 総務省から1局丸ごとIT総合戦略室へ人を送る のいずれかを実施すべき。総務省のICT政策は、医療・教育・農業・観光・交通・インフラ等他省庁の所掌分野にまたがっており、IT総合戦略室が担う業務と重なっている。IT総合戦略室が70名程度の人員で、全省庁にまたがるICTの総合調整機能を担うのは不可能。昨年改正された「内閣官房・内閣府スリム化法」で、各省が総合調整機能を担う旨が決められており、昨年の内閣委員会における私の質問に対して、菅官房長官からも「高井委員の提案は検討に値する」と答弁されている。今こそ、高市総務大臣は決断すべきではないか? 高市総務大臣からは、「総務省に高い評価をいただきながらの質問を賜ったと感謝いたします」との言葉がありましたが、納得できる答弁ではありませんでした。成長戦略を成功させるには、成長のエンジンであるICT政策が重要で、その司令塔や推進体制が極めて重要です。この点は引き続き議論していきます。   ...

Read More

13 4月 超党派の国会議員に呼びかけて「第2回フィンテック勉強会」を開...

超党派の国会議員に呼びかけて「第2回フィンテック勉強会」を開催しました。(第1回は昨年10月20日に開催) フィンテック協会の丸山代表理事、金融革新同友会(フィノベーターズ)の増島代表理事からそれぞれ民間企業の取組みを伺い、その後、金融庁の佐藤信用制度参事官・神田企画官、経済産業省の荒井情報政策課長・佐野情報経済課長・須賀産業資金課課長補佐からそれぞれ政府の取組みを伺いました。 その後の意見交換は1時間以上にわたり白熱した議論となり、国会議員も含めて20名強の皆さんから発言がありました。 この勉強会を通じて、フィンテックは金融庁・経済産業省にとどまらず、多くの省庁に関連して規制緩和が必要であることがわかりました。せっかくITを駆使しても、書類には印鑑が必要であったり、アナログ的な本人確認が必要であったり・・・。こうした各省庁にまたがる課題を解決するのは、本来、IT総合戦略本部(事務局:内閣官房IT総合戦略室)の仕事ですが、同本部の所掌にフィンテックは明確に位置づけられていません。 「フィンテックは金融業のIT化にとどまらず、ITによる社会変革そのものである」 これが私の持論ですが、そう考えれば、自ずと「IT総合戦略本部がフィンテックを所掌すべき」となります。 「フィンテックを応援する超党派の議員連盟」をつくるため、「自民党フィンテック議員連盟」の平井たくや会長とも相談を始めており、我が国成長戦略の柱となるフィンテックをこれからもしっかり応援してゆきます。      ...

Read More

07 4月 衆議院インターネット審議中継

本日10時05分~10時40分まで、総務委員会にて、今国会18回目の質問に立ちます。 本日は、サイバーセキュリティ、IoT、フィンテック、自動運転、ドローン、デジタルアーカイブ等ICT政策の本丸を質問します。 特に、フィンテックについては、昨日開催した「フィンテック勉強会」で出た政府に対する様々な要望を踏まえた提案型の質問をします。 インターネットで生中継されます(録画でも視聴できます)ので、ぜひご覧ください! http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php このビデオライブラリは、国会審議テレビ中継で収録した音声と映像をそのまま提供しています。...

Read More

07 4月 本日10時05分~10時40分まで、総務委員会にて、今国会1...

本日10時05分~10時40分まで、総務委員会にて、今国会18回目の質問に立ちます。 本日は、サイバーセキュリティ、IoT、フィンテック、自動運転、ドローン、デジタルアーカイブ等ICT政策の本丸を質問します。 特に、フィンテックについては、昨日開催した「フィンテック勉強会」で出た政府に対する様々な要望を踏まえた提案型の質問をします。 インターネットで生中継されます(録画でも視聴できます)ので、ぜひご覧ください! http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php...

Read More

02 4月 本日22時~23時まで「ニコニコ生放送」を放映します。 今回...

本日22時~23時まで「ニコニコ生放送」を放映します。 今回は先日結成されたばかりの「民進党」に関する話を中心に、最近力を入れて取組んでいる「フィンテック」の話も織り交ぜながら、「保育園落ちた。日本死ね」のブログや、時間があれば「集団的自衛権行使容認の閣議決定の内閣法制局資料が残っていない件」などもお話できればと思います。 番組途中で恒例になった「アンケート調査」も行います。少し遅い時間ですが、ぜひ皆さんご視聴ください。(私も翌朝6時から京橋朝市ですが、頑張って放送します!) http://live.nicovideo.jp/watch/lv257904068...

Read More

02 4月 民進党になって初放送!!

本日22時~23時まで「ニコニコ生放送」を放映します。 今回は先日結成されたばかりの「民進党」に関する話を中心に、最近力を入れて取組んでいる「フィンテック」の話も織り交ぜながら、「保育園落ちた。日本死ね」のブログや、時間があれば「集団的自衛権行使容認の閣議決定の内閣法制局資料が残っていない件」などもお話できればと思います。 番組途中で恒例になった「アンケート調査」も行います。少し遅い時間ですが、ぜひ皆さんご視聴ください。(私も翌朝6時から京橋朝市ですが、頑張って放送します!) http://live.nicovideo.jp/watch/lv257904068 こんにちは!!衆議院議員『高井たかし』です今回は民進党になって初めてのニコニコ生...

Read More

18 2月 金融庁総務企画局の佐藤信用制度参事官が、今国会に提出予定の「...

金融庁総務企画局の佐藤信用制度参事官が、今国会に提出予定の「ITの進展に対応するための銀行法等改正案(フィンテック法案)」の説明に来てくれました。 法律案の主な内容は、 ① 銀行による金融関連IT企業(フィンテック企業)への出資を可能とする ② ITによる決済関連サービスの簡素化 ③ 仮想通貨に関するルール整備 等ですが、まだまだ「フィンテック法案」と呼ぶには不十分です。 金融庁の説明資料には、JPモルガンCEOジェイミー・ダイモン氏の「われわれは、グーグルやフェイスブック、その他のIT企業と競合することになるだろう」という発言が載っていますが、まさにフィンテックの本質を言い表していると思います。フィンテックは金融業の話にとどまらず、「銀行がなくなる」くらいのインパクトを持った社会変革だと思います。 金融庁に対しても、「国家を挙げたフィンテック支援策や規制緩和策を示さないと、フィンテックの所掌は金融庁ではなく経済産業省になりますよ」と警告いたしました。 昨年10月に開催した超党派の国会議員によるフィンテック勉強会の第2回をそろそろ開催したいと思います。...

Read More

07 2月 本日「NHK日曜討論」に出演させて頂きました。 テーマは「ア...

本日「NHK日曜討論」に出演させて頂きました。 テーマは「アベノミクスと来年度予算」。 午前9時からの生放送だったのですが、「許しがたい北朝鮮のミサイル発射」のニュースで9時34分から中断。番組はそのまま収録し、午後4時10分から再放送されることになりました。 私が特に申し上げたのは、 ○ アベノミクスの恩恵を受けているのは一部の大企業のみで、日本企業の99.7%を占める中小企業の7割は赤字のままで、その恩恵は全く受けていない。 ○ 第三の矢「成長戦略」が全くダメ。独では製造業のIT化「インダストリー4.0」を、米英では金融業のIT化「フィンテック」を、国家プロジェクトとして官民を挙げて改革を実施している。日本の成長戦略は掛け声だけで中身がない。 ○ 「子育て・福祉」に予算を分配するといいながら、公共事業費も防衛費も4年連続で増加。減らされたのは地方交付税。徹底した行財政改革をやるべきで、維新の党は民主党とともに「国家公務員総人件費2割削減法案」を国会に提出する。 ○ 保育士と介護士のなり手がいないのが最大の問題。給与が全産業平均よりも10万円以上低いのが原因。この財源を確保するため、経済的に余裕のある高齢者の介護保険料負担増や年金給付抑制をお願いしなければならないが、そのために、まずは政治家自ら身を切る「定数削減」を断行しなければならない。 ○ 社会保障費の伸びを抑制するためには、健康寿命を延ばすことが重要。地元岡山市では、「健幸ポイント制度」といって、運動や健康診断を受けた人にポイントを付与し、商品券等と交換する取組を始めている。 等々、一発言1分以内という厳しい制約があるのですが、用意したネタをほぼ全てお話することができました。 本日午後4時10分からNHK総合で放送されますので、ぜひ皆さん、ご覧ください。...

Read More

29 1月 昨夜、某「政策勉強会」に参加しました。 定期的にいろいろなテ...

昨夜、某「政策勉強会」に参加しました。 定期的にいろいろなテーマで開催しているそうですが、本日のテーマは「フィンテック」ということでお誘い頂きました。 フィンテックに詳しい4名の方からのレクチャーをお聞きした後、サンドイッチを食べながら参加者全員で意見交換。 気になった発言だけでも、 ○ ゴールドマンサックス社は、「世界のフィンテック市場規模は4兆ドルに達する(日本の全銀行の貸し出し総額450兆円を超える額)」と予想している。 ○ ミレニアム世代(1980~2000年代生まれ)の7割以上が「グーグル、アップル等に金融サービスを提供して欲しい」とアンケートに回答している。 ○ JPモルガンCEOは「我々はグーグルやフェイスブック等と競合することになるだろう」と発言。 ○ 会計ソフト・銀行口座等をネットワークで繋ぎ、新しいアルゴリズム・人工知能により、分単位の迅速な審査が可能。ローコスト、詐欺にも強く、貸し倒れが少なく、収益性の高いビジネスモデルができる。 ○ 金融業はそもそもおかしい。「お客様を立たせ、社員が座っている」「使いたいときに開いていない」そんなサービスはもう通用しない。 ○ 昨年創業したLending Club社は、1年で貸出額9000億円(横浜銀行に相当)に成長。 ○ ブロックチェーン技術により、銀行のシステム負担は100分の1に減る。 等々、様々な意見が寄せられました。 私からは、 「フィンテックは、一金融業界の話ではない。インダストリー4.0、第4次産業革命に匹敵する、いやそれ以上のインパクトを持つ社会変革である。ITの力によって、誰もが金融を行え、銀行が不要になる社会がやってくる。金融業の規制をどうしようか?という次元の話ではない。フィンテックをバズワードだ、などと言う人がいるがとんでもない。政治も行政もまだまだ認識不足なので、まずは意識改革から取組みたい。」 という趣旨の発言をさせていただきました。 19時30分からはじまって、終わったのは23時。テーマによっては、夜中の2時、3時まで議論することもあるとのこと。充実したひとときを過ごすことができました。...

Read More

29 1月 昨夜、某「政策勉強会」に参加しました。 定期的にいろいろなテ...

昨夜、某「政策勉強会」に参加しました。 定期的にいろいろなテーマで開催しているそうですが、本日のテーマは「フィンテック」ということでお誘い頂きました。 フィンテックに詳しい4名の方からのレクチャーをお聞きした後、サンドイッチを食べながら参加者全員で意見交換。 気になった発言だけでも、 ○ ゴールドマンサックス社は、「世界のフィンテック市場規模は4兆ドルに達する(日本の全銀行の貸し出し総額450兆円を超える額)」と予想している。 ○ ミレニアム世代(1980~2000年代生まれ)の7割以上が「グーグル、アップル等に金融サービスを提供して欲しい」とアンケートに回答している。 ○ JPモルガンCEOは「我々はグーグルやフェイスブック等と競合することになるだろう」と発言。 ○ 会計ソフト・銀行口座等をネットワークで繋ぎ、新しいアルゴリズム・人工知能により、分単位の迅速な審査が可能。ローコスト、詐欺にも強く、貸し倒れが少なく、収益性の高いビジネスモデルができる。 ○ 金融業はそもそもおかしい。「お客様を立たせ、社員が座っている」「使いたいときに開いていない」そんなサービスはもう通用しない。 ○ 昨年創業したLending Club社は、1年で貸出額9000億円(横浜銀行に相当)に成長。 ○ ブロックチェーン技術により、銀行のシステム負担は100分の1に減る。 等々、様々な意見が寄せられました。 私からは、 「フィンテックは、一金融業界の話ではない。インダストリー4.0、第4次産業革命に匹敵する、いやそれ以上のインパクトを持つ社会変革である。ITの力によって、誰もが金融を行え、銀行が不要になる社会がやってくる。金融業の規制をどうしようか?という次元の話ではない。フィンテックをバズワードだ、などと言う人がいるがとんでもない。政治も行政もまだまだ認識不足なので、まずは意識改革から取組みたい。」 という趣旨の発言をさせていただきました。 19時30分からはじまって、終わったのは23時。テーマによっては、夜中の2時、3時まで議論することもあるとのこと。充実したひとときを過ごすことができました。...

Read More

10 11月 ベンチャー企業が集まって立ち上げたフィンテック協会が主催する...

ベンチャー企業が集まって立ち上げたフィンテック協会が主催する「フィンテックミートアップ」に参加しています。毎回参加者が増え続けているのが、凄い!フィンテックの無限の可能性を感じさせてくれます。 ただ、プレゼンがすべて英語なのは、辛い(>_<)...

Read More

21 10月 国会(議員会館)で開催した「第1回フィンテック勉強会」。国会...

国会(議員会館)で開催した「第1回フィンテック勉強会」。国会議員、政府(金融庁・経済産業省・総務省)、金融機関、ITベンダー、フィンテックベンチャー等90名の参加者で会場は熱気に包まれました。 米国、英国をはじめ、香港やシンガポールでも国家を挙げて取組まれているフィンテック(FinanceとTechnologyの造語)ですが、我が国では一部の民間企業で盛り上がっているものの、政・官の取組みは遅れており、政・官・民が一同に会して議論する場を作ろうと、この勉強会を企画しました。 フィンテックの主役はベンチャー企業ですが、金融庁の免許制度が厳しく、1年以上待たされる企業もあるとのこと。スピードが命のベンチャーの世界では、この遅れは致命的です。規制改革の実行はわれわれ政治家の仕事です。 ベンチャー企業が監督官庁に物申す機会はほとんどなく、ベンチャー企業から「要望するチャンスが欲しい」との要請があり、この会を企画しましたが、本音をぶつけ合う議論ができ、皆さんに喜んでいただけたと思います。 ぜひ第2回、第3回と続け、国会議員の賛同者を増やし、いずれ超党派の議員連盟を立ち上げたいと思います。...

Read More

05 10月 【Fintech Meetup運営事務局】一般社団法人Fin...

先日参加した「フィンテック協会」設立総会の模様が記事になっています。私も最後の方に登場するので、ぜひご覧ください。 http://goodway.co.jp/fip/htdocs/joi5af676-3636/ 株式会社グッドウェイは金融機関やベンダー各社のサービス内容(金融サービスとIT情報)を第三者視点で評価し、ひと目でわかり易く比較分析可能なデータとしてまとめ、無償で閲覧&ダウンロード可能とします。...

Read More

01 10月 一般社団法人「フィンテック協会」の設立総会に参加いたしました...

一般社団法人「フィンテック協会」の設立総会に参加いたしました。 フィンテックは、ファイナンス(金融)とテクノロジー(技術)を掛け合わせた造語です。今、世界中で注目されている取組みですが、日本ではその取組みはまだまだです。 私自身、IT議員を自負していますが、恥ずかしながら半年前まで、この言葉すら知らなかったのですが、知れば知るほど、我が国の将来にとって、もの凄く重要な取組みだと感じています。 今日の設立総会は、150名を超える参加者で溢れ、受付は長蛇の列ができる盛況振りでした。 今日は最後に発言の機会をいただいたので、 「フィンテックは金融業界のみならず、日本社会いや世界全体を大きく変革する可能性を秘めています。まだまだ認知度が低いので、一緒に頑張りましょう。特に政治家はほとんど誰も知らないので、近々、国会議員、政府(金融庁、総務省、経済産業省等)、フィンテックベンチャー、金融機関、IT企業等に参加いただいて『フィンテック勉強会』を開催します。」 と申し上げました。 『フィンテック勉強会』は10月20日(火)衆議院第1議員会館にて開催予定です。ご関心のある方は、詳細をお伝えいたしますので、私宛にメッセージをください。...

Read More

28 8月 昨日は久しぶりに総務委員会で質問に立ちました。 今回質問した...

昨日は久しぶりに総務委員会で質問に立ちました。 今回質問した「フィンテック」は、ファイナンシャル(金融)とテクノロジー(技術)を掛け合わせた造語で、これまで国会(財務金融委員会)で1回だけ質問されたことがありますが、総務委員会では初めて質問でした。「金融庁に任せていては、どうしても銀行主導になる。ITを所管する総務大臣が主導し、ITベンチャーが主役の政策にしてほしい」と提案し、高市総務大臣からも前向きな答弁を引き出しました。 また、ライフワークとなりつつある「動物愛護」についても質問しました。殺処分機による犬猫殺処分の悲惨な実態を一人でも多くの国会議員に知ってもらうため、いろいろな委員会で質問しようと考えており、これも総務委員会では初めての質問となりました。高市総務大臣からは、「環境省が取組む『犬猫のいのちを守るプロジェクト』には共感しています」とのコメントがあり、「(動物愛護センターを運営する)地方自治体を応援するため交付税措置(財政支援)をしっかり行う」との前向きな答弁を引き出しました。 これまで政治の世界では光が当たってこなかった問題について、これからも取り上げてゆきたいと思います。ぜひこんなテーマも取り上げて欲しいという提案がありましたら、メッセージをください。お待ちしております。 ※質問に熱が入りすぎて、つい身振り手振りが大きくなっています(笑)。...

Read More

27 8月 衆議院インターネット審議中継

本日の総務委員会で、今国会通算29回目の質疑に立ちます。 ① サイバーセキュリティ ② マイナンバー ③ 郵政 ④ フィンテック ⑤ 動物愛護 の5問について、高市総務大臣はじめ総務省幹部に質問する予定です。 特に、「④フィンテック」と「⑤動物愛護」は、総務委員会で取り上げるのは、おそらく私が初めてだと思います。 両方とも重要なテーマで、一人でも多くの国会議員に知ってもらいたいため、あえて所管外の総務委員会で取り上げることにしました。 質疑の模様は、インターネットでライブ中継されます(録画でも視聴可能です)。 私の出番は10時40分~11時15分の予定です。 ぜひご覧ください。 http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php このビデオライブラリは、国会審議テレビ中継で収録した音声と映像をそのまま提供しています。...

Read More

17 7月 これからの日本経済を劇的に変えると期待されているFinTec...

これからの日本経済を劇的に変えると期待されているFinTech(フィンテック)。金融×ITの造語で、近年ニューヨークとロンドンの世界金融二大市場で注目を浴びているが、日本ではまだまだこれからだ。 正直、つい先日まで私も知らなかったのだが、詳しく知れば知るほど、このFinTechが日本の金融市場はもちろん、日本経済の復活の鍵を握ると確信する。 今夜はFinTechにいち早く取組むベンチャー企業の交流会に参加した。ベンチャーに限らず、メガバンクや大手ベンダー、IT雑誌記者等100名以上の若者が集まり、六本木アーク森ビルの会場は熱気に満ち溢れていた。 海外経験豊富な若手バンカーが教えてくれた。 「ニューヨークとロンドンが急成長しているのは、米国・英国政府が世界の金融市場の覇権を争って、FinTechを国家をあげて支援しているからだ。日本政府も早く気づいて欲しい。」 ぜひ近々国会(内閣委員会・財務委員会)で質問したいので、FinTech業界の皆さん、もっと情報を教えてください!友達申請お待ちしております!!...

Read More