高井たかし(民進党)過去ブログ | 「太陽の蓋」自主上映会は、午前の部70名、午後の部90名と当初予想をはるかに上回る大勢の方々にご鑑賞頂きました。 菅直人総理や福山哲郎官房副長官、下村健一内閣審議官等から直接ヒアリングして作り上げた作品は、ドキュメンタリー映画といってもいいリアリティ溢れる作品です。 「原発事故の真実を正しく伝えたい」との想いから私財を投げうって映画を製作した橘民義さんと、福島から岡山へ避難して、同じ境遇の被災者を支援する活動を続けている大塚愛さんとのトークセッションはとても刺激的で、「脱原発社会をどうすれば実現できるのか」をテーマに、会場の皆さんも巻き込んで大いに語り合いました。 鹿児島の三反園さん、新潟の米山さんに続き、大塚愛さんにも「地方から脱原発」を実現して欲しいと思います。 この映画は一人でも多くの方に観て頂きたいので、また自主上映会を企画したいと思います。 大勢の参加してくださった皆さま、PRし、チケットも販売してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
25256
single,single-post,postid-25256,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.9,wpb-js-composer js-comp-ver-4.4.4,vc_responsive

「太陽の蓋」自主上映会は、午前の部70名、午後の部90名と当...

10 10月 「太陽の蓋」自主上映会は、午前の部70名、午後の部90名と当...

「太陽の蓋」自主上映会は、午前の部70名、午後の部90名と当初予想をはるかに上回る大勢の方々にご鑑賞頂きました。

菅直人総理や福山哲郎官房副長官、下村健一内閣審議官等から直接ヒアリングして作り上げた作品は、ドキュメンタリー映画といってもいいリアリティ溢れる作品です。

「原発事故の真実を正しく伝えたい」との想いから私財を投げうって映画を製作した橘民義さんと、福島から岡山へ避難して、同じ境遇の被災者を支援する活動を続けている大塚愛さんとのトークセッションはとても刺激的で、「脱原発社会をどうすれば実現できるのか」をテーマに、会場の皆さんも巻き込んで大いに語り合いました。

鹿児島の三反園さん、新潟の米山さんに続き、大塚愛さんにも「地方から脱原発」を実現して欲しいと思います。

この映画は一人でも多くの方に観て頂きたいので、また自主上映会を企画したいと思います。

大勢の参加してくださった皆さま、PRし、チケットも販売してくださった皆さま、本当にありがとうございました。