高井たかし(民進党)過去ブログ | 維新の党と民主党の両党で、「TPP協定大筋合意に対する考え方(中間報告)」をまとめた。 民主党が作成した原案には、「農業」「自動車」における問題点の指摘はあったが、「知的財産(著作権)」についての記述はなかったため、私から強く主張し、入れてもらった。 この知的財産分野は、政府も認めるように、最も「交渉に敗北」した分野であり、今後、国内法と整合性の取れた法整備ができるかどうか甚だ疑問である。合意内容と異なる法律となれば、諸外国から協定違反として提訴されるおそれもある。 今後の国会審議を通じて、しっかり指摘してゆきたい。
20089
single,single-post,postid-20089,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.9,wpb-js-composer js-comp-ver-4.4.4,vc_responsive

維新の党と民主党の両党で、「TPP協定大筋合意に対する考え方...

22 1月 維新の党と民主党の両党で、「TPP協定大筋合意に対する考え方...

維新の党と民主党の両党で、「TPP協定大筋合意に対する考え方(中間報告)」をまとめた。

民主党が作成した原案には、「農業」「自動車」における問題点の指摘はあったが、「知的財産(著作権)」についての記述はなかったため、私から強く主張し、入れてもらった。

この知的財産分野は、政府も認めるように、最も「交渉に敗北」した分野であり、今後、国内法と整合性の取れた法整備ができるかどうか甚だ疑問である。合意内容と異なる法律となれば、諸外国から協定違反として提訴されるおそれもある。

今後の国会審議を通じて、しっかり指摘してゆきたい。

Tags: