高井たかし(民進党)過去ブログ | 民進党の衆議院議員高井崇志の過去ブログ「たたかい日記」。
0
home,blog,paged,paged-41,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.9,wpb-js-composer js-comp-ver-4.4.4,vc_responsive

高井たかし(民進党)過去ブログ

05 10月 【Fintech Meetup運営事務局】一般社団法人Fin...

先日参加した「フィンテック協会」設立総会の模様が記事になっています。私も最後の方に登場するので、ぜひご覧ください。 http://goodway.co.jp/fip/htdocs/joi5af676-3636/ 株式会社グッドウェイは金融機関やベンダー各社のサービス内容(金融サービスとIT情報)を第三者視点で評価し、ひと目でわかり易く比較分析可能なデータとしてまとめ、無償で閲覧&ダウンロード可能とします。...

Read More

04 10月 毎月第一日曜日は京橋朝市の日ですが、10月は年に一度の全国朝...

毎月第一日曜日は京橋朝市の日ですが、10月は年に一度の全国朝市の日。 全国から特産品が集まるため、来場者ももの凄い数。人混みをかき分けながら、お店の方にご挨拶に廻るのは一苦労しました。 今日もこれから街頭演説へ出かけます。今日は岡山市北部(高松、足守、御津、建部)へ伺う予定です。...

Read More

02 10月 田原総一朗「旧ソ連や中国に似てきた自民党からは国民が離れてい...

同感です。自民党も、民主党も、維新の党も、本当に政治が劣化してしまっていて、申し訳ない限りです。 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151002-00000004-sasahi-pol ジャーナリストの田原総一朗氏は、「自民党の劣化」を感じるという。*  *  *  - Yahoo!ニュース(dot.)...

Read More

01 10月 「待機児童5年ぶり増」との報道を受けて、さっそく厚生労働省保...

「待機児童5年ぶり増」との報道を受けて、さっそく厚生労働省保育課の方と意見交換しました。 待機児童が増える大きな原因の一つが、保育士が7万人足りないという「保育士不足」にあるとのこと。保育士は長時間労働・低賃金であり、かつ重労働や責任の重さの割には評価されない(保護者からは「うまくいって当たり前」という目で見られる)などの問題があり、他職業(例えば看護士など)に比べて、若くして離職されるケースが多いそうです。 保育士の待遇改善はもちろんですが、財源が少ない中での一つの解決策として提案したのは、ITを活用することです。 保育所では未だに保護者との連絡手段は電話と紙。お休みの連絡は電話受付のため、朝は電話がつながりにくく、保育士も一人が付きっきりで電話対応に追われるそうです。また連絡帳も未だに紙のため、お母さんは朝の忙しい時間帯に連絡帳を書かなければなりません。こういうやりとりをメールでできるようにするだけで、保育所と保護者とのコミュニケーションが随分楽になります。 保育士が改善してほしい要望の中には、「事務・雑務の軽減」と「保護者とのコミュニケーションの改善」があるそうですが、2つとも「保育所のIT化」により解決できます。 韓国では、スマホによる保育所と保護者とのコミュニケーションは当たり前だそうです。来週韓国へITの現場を見に行ってきますので、ぜひこの辺も調査してきます。...

Read More

01 10月 一般社団法人「フィンテック協会」の設立総会に参加いたしました...

一般社団法人「フィンテック協会」の設立総会に参加いたしました。 フィンテックは、ファイナンス(金融)とテクノロジー(技術)を掛け合わせた造語です。今、世界中で注目されている取組みですが、日本ではその取組みはまだまだです。 私自身、IT議員を自負していますが、恥ずかしながら半年前まで、この言葉すら知らなかったのですが、知れば知るほど、我が国の将来にとって、もの凄く重要な取組みだと感じています。 今日の設立総会は、150名を超える参加者で溢れ、受付は長蛇の列ができる盛況振りでした。 今日は最後に発言の機会をいただいたので、 「フィンテックは金融業界のみならず、日本社会いや世界全体を大きく変革する可能性を秘めています。まだまだ認知度が低いので、一緒に頑張りましょう。特に政治家はほとんど誰も知らないので、近々、国会議員、政府(金融庁、総務省、経済産業省等)、フィンテックベンチャー、金融機関、IT企業等に参加いただいて『フィンテック勉強会』を開催します。」 と申し上げました。 『フィンテック勉強会』は10月20日(火)衆議院第1議員会館にて開催予定です。ご関心のある方は、詳細をお伝えいたしますので、私宛にメッセージをください。...

Read More

30 9月 北海道は十勝へ、内閣委員会の視察に行ってきました。 「十勝」...

北海道は十勝へ、内閣委員会の視察に行ってきました。 「十勝」は、帯広市を中心に1市12町2村で構成され、人口は35万人ですが、面積は岐阜県と同じで、全国都道府県の中でも7番目の大きさ。現地では何度も「人間よりも牛の方が多いんです」と言われました。 しかし、地方創生に対する取り組みは、大変素晴らしいものばかりでした。 ○ 広大な敷地と晴天の日が多い気候を活かし、航空宇宙実験場を誘致してきた大樹町。 ○ 特産の「長いも」の海外輸出向けに24農協が合同で出荷工場を造り、輸出量を増やす帯広市川西農協。 ○ 寒冷地でも強いぶどう品種を改良し、「十勝ワイン」を世に出した池田町。 いずれも、地方創生のお手本となる取組みを視察させていただきました。 その中でも特に感心したのは、帯広市を中心に進める「フードバレーとかち」構想。国家戦略特区を活用し、成長著しいアジアの食市場、特に世界人口の4分の1を占めるイスラム教徒に「ハラル食品」を提供するなどの戦略的な取組みは、民間企業(ジャフコ)出身の米沢帯広市長のリーダーシップの成果で、やっぱり地方創生はリーダー次第だなあと改めて痛感しました。(やっぱり市長ってやりがいがあるなあ。。。と思いました。) 夜は、函館ラサール高校時代(3年間寮生活を送りました)の同窓生で十勝在住者が集まってくれて、旧交を温めました。 辛く厳しい寮生活(1年生は100人部屋でした。夜8時~11時まで「義務自習」という時間があり、自習が義務付けられていました。「義務」「自習」って、日本語としておかしいと思うのですが、当時は疑問に思うことなく過ごしていました。また、生活のあらゆる場面において寮生番号で呼ばれていました。ちなみに私の寮生番号は「C-144番」で、今でも覚えています。)を思い出しながら、昔話に花が咲きました。...

Read More

29 9月 子供たちの男女交際観です

おもしろいのでシェアします。ギャンブル依存症問題を考える会代表の田中紀子さんのブログです。 http://t.co/kzTNRB4BTu 本日は、沢山のお誕生日メッセージ有難うございました。 今年は、ホント色んな方にお祝い頂いて、 とっても嬉しい一…...

Read More

27 9月 600名を超える方から、誕生日のお祝いメッセージをいただきま...

600名を超える方から、誕生日のお祝いメッセージをいただきました。昨年は全てお返事したのですが、今年は更に倍以上のメッセージをいただきましたので、このコメントに替えさせてください。本当にありがとうございます。心から感謝いたします。 10年前に政治を志して、総務省を辞め、岡山へ参りました。この10年間で6回選挙を闘い(衆議院選挙3回・参議院選挙1回・岡山市長選挙2回)、いずれも敗戦。(うち2回は比例復活で当選。) 「1万回やってダメで、かっこ悪くても、1万1回目は、何か変わるかも知れない。」 ドリカムのヒット曲「何度でも」のこのフレーズが、いつしか座右の銘になりました。 これからも、どんな困難にぶち当たっても、「何度でも、何度でも、何度でも」あきらめずに挑戦し続けます。 こんな「かっこ悪い」私を見捨てずに応援してくださる皆さまのお気持ちを忘れずに、これからも精進してまいります。 今後とも応援宜しくお願いいたします!...

Read More

25 9月 親交のあるIT企業の幹部と一緒にイスラエル大使館を訪問しまし...

親交のあるIT企業の幹部と一緒にイスラエル大使館を訪問しました。 先日、議員会館の私の部屋を訪ねてくださったイスラエル大使のカハノフ女史から、「ぜひ日本のIT企業と情報交換したい」と申し出があったので、さっそく行ってきました。 イスラエルはサイバーセキュリティ分野を中心に、世界トップクラスのIT大国であり、経済担当公使も交えてのIT談義は、新たなビジネスにつながりそうな予感のする有意義な時間となりました。 今回、地元岡山のIT企業にも同行してもらいました。私が岡山県庁で情報政策課長を務めていた際に、IT企業の交流会「eトップ倶楽部」を設立したのですが、「岡山には優れたIT企業が集まっている」旨を説明すると、「ぜひ岡山へ行って、IT企業と情報交換したい」とおっしゃっていただきました。ぜひとも近々実現させたいと思います。...

Read More

24 9月 「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」総会に出席いたし...

「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」総会に出席いたしました。 先日(8月27日)、望月環境大臣に提出した要請書の内容を、今後どのように実現していくかについて議論を闘わせました。 私からは、 「今国会、環境委員会、内閣委員会、総務委員会の3委員会で質問したが、犬猫の殺処分の現状について正しく理解している国会議員は驚くほど少なく、この議員連盟の議員が率先して委員会で取り上げるべき。FBでシェアが900を超えていると伝えると、その反響の大きさに国会議員は皆一様に驚く。この問題が国民的関心事であることを、政治家に浸透させることが何より大事だ。」 と発言しました。 この問題を1国会で3回も質問した国会議員はおそらく過去にも他にいないと思います。政府に要請することも大事ですが、立法府の国会議員に賛同者を増やすことが大事です。 これからも声なき声を届ける役割を果たしてまいります。...

Read More

24 9月 今朝はあいにくの雨ですが、いつもと変わらず街頭に立ちました。...

今朝はあいにくの雨ですが、いつもと変わらず街頭に立ちました。 強行採決以来はじめての平日朝の街頭なので、気合が入ります。 1時間の演説は全て「安保法制」。 これから次の選挙まで、このことをひたすら訴え続けていくしかありません。 絶対にあきらめません。...

Read More

24 9月 シルバーウィークの締め括りは、やっぱり街頭演説。 北長瀬→西...

シルバーウィークの締め括りは、やっぱり街頭演説。 北長瀬→西長瀬→白石→久米→平野→庭瀬→撫川→大内田→山田→妹尾→東畦→内尾→中畦→西畦→曽根→藤田→大福→米倉→西市 岡山市西南部を中心に68ヵ所でスポット演説。選挙中を除けば、これまでの最高記録です。(ちなみに選挙中の最高記録は102ヵ所です。) 「今日は皆さんにお詫びに伺いました。ついに先週金曜日、安保法案が可決・成立してしまいました。これだけの国民が反対の声を上げているのに、これだけの憲法学者が違憲だと言っているのに、ついには最高裁判所の元長官まで違憲と断言しているのに、与党は数の力で押し切ってしまいました。国民の声を聞こうとしない与党は言語道断ですが、阻止できなかった野党の力不足は、本当に申し訳ない。特に昨年末の総選挙で、安全保障を争点にできなかったことは野党の責任。悔やんでも悔やみきれません。しかし、いつまでも悔やんでばかりはいられません。憲法違反の法律をいつまでも放置するわけにはいきません。次の選挙で必ず勝利し、この法律を廃止します。そして、今度こそ必ず、憲法の範囲内で、真に我が国を守るための安保法制を作り直します。どうか皆さんあきらめないでください。一緒に闘ってください。」...

Read More

21 9月 ラグビーW杯での日本代表の勝利。子どもの頃からラグビーファン...

ラグビーW杯での日本代表の勝利。子どもの頃からラグビーファンだった(部活はサッカーでしたが…)私にとっては「奇跡」としか言いようがない快挙だ。 ただ、34得点中一人で25得点をあげた五郎丸選手が「必然です。ラグビーに奇跡はない」とコメントしている通り、0-1のような試合の多いサッカーとは違い、ラグビーに番狂わせはまずない。さらに、ラグビーはトップチームとそれ以外のチームのレベル差が大きく、W杯優勝国は豪、Nz、南ア、イングランドの4カ国しかない。この試合の英国ブックメーカーのオッズは南ア勝利に1.0倍で、賭けが成立しなかったそうだ。これだけでも、日本勝利がどれだけすごい快挙なのか、おわかりいただけると思う。 深夜2時過ぎ。テレビで観ていて、後半20分くらいまでは、「最後には点差がつくだろう」と過去のラグビー観戦経験から思っていたが、後半残り10分、五郎丸の見事なトライで同点に。「これは、ひょっとしたら、ひょっとするかも」と思い始めた。 コメンテーターの皆さんは、あまりこの点に触れていないが、私はこの試合の大きな分かれ目が、後半32分の南アの攻撃だったと思う。ゴールライン目前での日本の反則で、南アがペナルティゴール(PG)を選択したこと。私は「なんでトライを狙わないの?」と思ったが、同点だったので確実に3点を取りにいったのだろう。テレビに向かって「ええー、消極的。これが命取りになるんじゃないの。」と思わず口走ったが、まさにその通りになった。 対照的に日本は、後半40分。もうラストワンプレーにもかかわらず、PGを選択せずにトライを狙いに行った。私は思わず「絶対PGを狙うべき。同点でいいじゃん。南ア相手に歴史的引き分けだよ。」と言ったが、日本代表はあくまでも強気に攻め続けた。後で聞くと、リーチ主将は迷わず決断したとのこと。試合後ジョーンズHCが「リーチの勇気を称えたい」とコメントしたとおり、本当に英断だった。(ベンチでは意見が分かれていたらしいが、プレー中の選手からは「トライを狙おう!」の声ばかりだったそうだ。)「守りに入った南ア」と「失うもののない日本」。この気持ちの差が勝敗を分けたと思う。 それともう一つ付け加えるならば、この勝利は日本代表の練習量の多さ、厳しさの賜物のようだ。朝5時から練習のハードな合宿を4月からの5ヶ月で130日も行ったとのこと。さらに、8月の代表合宿にはこの日のフランス人主審を日本に招き、審判の癖を掴むという対策を採ったとのこと。(確かに、主審のジャッジが味方をしたような気がしていました。)こうした用意周到な準備を行ってきたことを考えれば、まさに「勝つべくして勝った」と言える。 実は、この日は、安保法案を通してしまった翌日。思わず、時と場合をわきまえずに、「こんな素晴らしい試合を観れて、幸せ!」とコメントしてしまった。不快な思いをさせてしまった方には、申し訳ありません。 ただ、闘いに敗北し、意気消沈する中で、日本代表の勝利によって、「あきらめなければ勝てるんだ」という勇気を頂きました。 今まで、「スポーツうんちく」はほとんど書いたことがないのですが、今回ばかりは書かずにはいられませんでした。それほど「この勝利は凄い!」です。...

Read More

21 9月 本日の朝日新聞に、阪田雅裕元内閣法制局長官(1966年大蔵省...

本日の朝日新聞に、阪田雅裕元内閣法制局長官(1966年大蔵省入省。2004年8月から06年9月まで小泉内閣で内閣法制局長官を務める)のインタビュー記事が掲載されています。まさに私が日頃街頭で訴えていることなので、紹介しておきます。 「国会で政府が何千回と説明した憲法解釈でも、直近の選挙で多数を取れば『政策上の必要性』から変更できるとなれば、法規範としての憲法の意義は失われてしまう。国民の権利や自由が権力によって恣意的に侵害される。立憲主義破壊の一歩だ。これが許されるなら、徴兵制を合憲とすることだって、たやすい。」 「重要なのは国会のチェックだ。(中略)内閣法制局は運用のブレーキ役にはなれない。国会の役割は極めて重い。そのためにも有権者は次の国政選挙で『許していない』という意思を示してほしい。一時騒がれたが大したことなかったとなれば、立憲主義の破壊を追認してしまう。法律が甘く運用され、国際情勢の変化を大義にさらなる解釈改憲が進められる可能性もある。国民が声を上げ続けられるかどうかが今後のカギだ。」 徴兵制の話は、全く同感です。共産党や一部の民主党左派が言っているだけではありません。大蔵省に入り、自民党政権下で内閣法制局長官を務めた方がそう言っているのです。おそらく、多くの法律の専門家は同意見のはずです。憲法18条で「苦役」は禁止されていますが、「徴兵制」そのものを禁止しているわけではありません。今の総理は国会で、「徴兵制=苦役」と繰り返し答弁していますが、未来の総理が「徴兵制=苦役ではない」と言えば、徴兵制はとたんに合憲になってしまう可能性があります。(現に、次期首相の有力候補の石破大臣は「徴兵制は苦役ではない」と答えています。)...

Read More

21 9月 本日は、終日街宣カーに乗りこみ、街頭演説。 吉備中央町をスタ...

本日は、終日街宣カーに乗りこみ、街頭演説。 吉備中央町をスタートし、岡山市北西部(足守→高松→加茂→鯉山→吉備→陵南学区)をまわり、49ヵ所でスポット演説を行いました。 街頭で訴え続けたのは、 まずは、これだけ反対の声が挙がっているにも関わらず、法案が通ってしまったことへのお詫び。 国民の声を無視し続けた与党は言語道断だが、それを阻止できなかった野党の責任も重大。 その責任は、今国会での対応もさることながら、それ以上に、昨年末の総選挙で、「安保問題を争点にできなかったこと」「安保法制にどのような問題があるのか、有権者に理解してもらえなかったこと」が重大な問題。 次の選挙こそ、安保問題の本質を国民の皆さまに理解していただき、よりよい安保法制に作り変えなければならない。 衆議院は常在戦場。そのために今から全力を尽くします。...

Read More

20 9月 未明の安保法案成立から一夜明けて、失意のうちに東京を後にし、...

未明の安保法案成立から一夜明けて、失意のうちに東京を後にし、岡山に帰ってきました。 今日から新たな闘いが始まります。 さっそく、岡山市内中心部の3ヶ所(岡山駅ビックカメラ前、イオンモール前、天満屋アリス広場前)で街頭演説を行いました。 私が今、岡山の皆さまに申し上げたい言葉は、「申し訳ありません」のただひと言です。 国民の6割が反対し、8割が審議不十分と思っており、連日連夜、全国各地で何万人ものデモを行う人が溢れている状況にもかかわらず、国民の声を全く無視する形で法案が成立してしまったこと。これは与野党を問わず、国会議員一人ひとりが国民に対して負うべき罪だと思います。 「国民の声を聞こうとしない与党が悪い」 「選挙に行かなかった国民が悪い」 そういう声も聞きますが、しかし、選挙の時、安保問題を争点にできなかった我々野党の責任は重く、「国民の声」と「国会議員の数」に大きなギャップが生じているのは、我々野党の力不足に他なりません。 また、今回の審議においても、「あらゆる手段を講じて抵抗する」と言いながら、結局、大した抵抗もできずに法案は成立してしまいました。 連日連夜、雨の中、朝まで街頭に立ち続けたデモ参加者の皆さんの方が、よっぽど力を尽くしてくれたのではないでしょうか。 そういう自戒の念を込めて、今日は謝罪の言葉を申し上げました。 ただ、一方で、いつまでも悔いてばかりいても仕方がありません。 次なる闘いは既に始まっています。 今度こそ、この反省を活かして、次の選挙は、必ず国民の声を国政に届ける選挙にしなければなりません。 そのために、今日からまた街頭に立ち続けます。...

Read More

19 9月 本日午前2時18分。ついに安保法案が成立してしまいました。 ...

本日午前2時18分。ついに安保法案が成立してしまいました。 一人の国会議員として、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。 国民の6割が反対、8割が審議不十分と思っている法案を、為すすべなく成立させてしまったこと。自分の力不足を心から恥じています。 今なお国会前でデモを続けている皆さん。全国各地でデモを行っていただいた皆さん。最後の最後の瞬間まで、廃案を信じてくださった皆さんに、心からお詫びを申し上げたいと思います。 昨年末の総選挙の時に、なぜこの声を汲み上げられなかったのか。なぜ与党の大勝を許してしまったのか。悔やまれてなりません。 最後の参議院本会議。反対討論での福山議員の言葉。 「国民の皆さん、あきらめないでください。本当の闘いはこれからです。この怒りの気持ちをどうか持ち続けてください」 我が党の小野議員の言葉。 「政権交代により我が国の法秩序を取り戻す」 まったく同感です。 悔いてばかりはいられません。今日から次の闘いが始まります。 始発の新幹線で岡山に帰り、さっそく街頭に立ちたいと思います。 この「天下の悪法」の廃止法案を成立させるまで、闘い続けます。...

Read More

17 9月 安全保障法案が参議院の委員会で強行採決されました。我々が提出...

安全保障法案が参議院の委員会で強行採決されました。我々が提出した「維新案」は、混乱の中、採決すらされませんでした。「憲政史上に残る暴挙」と言っても過言ではない結末となってしまいました。 これから参議院本会議が開かれ、夜を徹して審議が行われます。我々衆議院議員は、いつ内閣不信任案が提出され、いつ本会議が開かれるかわからないので、こちらも夜通し国会で待機することになりそうです。 待っている時間に、改めてこの法案に「反対」する理由を記しておきたいと思います。 私も、日本を取り巻く安全保障環境の変化に対する危機感を持っており、今の安保法制のままでいいとは思っていません。しかし、「憲法違反の疑いが高い」法律を通すことは、「立憲主義の否定」であり、あらゆることに優先して避けなければならないことです。 言うまでもなく、憲法違反か否かを判断できるのは、最高裁判所だけです。しかし、最高裁判所の判断までには時間がかかるし、もし法律が施行された後に、違憲判決が出れば、社会は大混乱し、法的安定性は大きく損なわれる。そこで事前に「違憲の可能性があるかないか」判断を行うために、内閣法制局があります。内閣法制局長官は、内閣総理大臣の部下であるものの、独立した地位を与えられ、憲法の番人として、時には内閣総理大臣の意に反してでも、意見具申することが職責ですが、今の内閣法制局長官はその職責を果たしていません。(複数の元内閣法制局長官がそのように発言しています。) 政府案に対して、多くの憲法学者が違憲と断じています。その数は200名をゆうに超えています。一方「合憲と言う憲法学者もたくさんいる」と記者会見で述べた菅官房長官に対して、私は平和安全特別委員会で「何人ですか?」と質問したところ、「10名程度」との答えが返ってきました。もちろん、憲法学者が違憲か否か決めるわけではありません。しかし、これだけ圧倒的多数の憲法学者が違憲と断じている事実を無視していいはずがありません。そしてそれ以上に重く受け止めなければならないのは、歴代の元内閣法制局長官や、最高裁判所の元長官・判事までもが、公式の場に出て、はっきりと違憲と明言している事実です。これに対して、政府は合憲であることを説明する義務がありますが、その説明は全く不十分です。(むしろ、その説明は審議を重ねるごとに破綻しています。) 新たな安保法制の必要性、集団的自衛権の必要性は、大いに議論すべきと思います。しかし、たった4ヶ月、200時間の審議で、結論を出せるような話ではありません。国民的議論を行った後、国民投票で決するべき問題、すなわち憲法改正手続を経て決めるべき問題です。どんなに必要なものであっても、憲法を無視してやってもいい、そんなものは、立憲主義国家において存在しません。 賛成派の方からよく「憲法で国が守れるのか?憲法守って国が滅んでもいいのか?」と聞かれます。そう思われる方は、立憲主義を完全に否定しています。私はどんなことがあっても、日本を「立憲主義の崩壊した国家」=「独裁国家」にしたいとは思いません。もし本当に国が滅ぶような事態であれば、憲法改正の手続きを行い、国民投票を行って、国民の過半数の賛成を得て、憲法を改正した上で実行すればよいだけのことです。 憲法の範囲で許される「あるべき安全保障の姿」については、我々は「維新案」を提案しました。しかし、その「維新案」は審議もほとんどされず、採決すら行われませんでした。憲法の範囲を超える「あるべき安全保障の姿」については、憲法改正を前提に議論すべきであり、その前提に立たない限り、議論すらできません。 この法案の内容そのものについても、多くの疑問点・問題点がたくさんありますが、とにかく「憲法違反の疑いが高い」という一点において、私はこの法案に反対です。 議員会館の部屋の中に居ても、雨の中、国会前でデモを続ける必至の声が聞こえています。残された時間やれることは僅かですが、最後の最後まで、立憲主義を守るため、闘い続けます。...

Read More

17 9月 超党派の和です

微力ながら、全力を尽くします。 http://t.co/zHsxJfbS7Z 本日は、超党派の先生方による「ギャンブル依存症対策推進勉強会」でした。 いよいよ5回目となった今日は、これまで…...

Read More

15 9月 1年前から毎月開催している「美女美男の会」(自称です(笑))...

1年前から毎月開催している「美女美男の会」(自称です(笑))に参加いたしました。毎回2~3時間、その時々のいろいろな話題をざっくばらんに語り合う放談会なのですが、今回の話題は「安保法案」一色。 Aさん「週末デモに参加したけど、安倍総理には届くんじゃろか?」 高井「デモは全国各地で行われており、声は届くと思いますが、今の安倍総理は耳を貸さないでしょう。」 Bさん「今更やっても遅いよ。どうして昨年7月の閣議決定や12月の衆議院選挙の時にやらなかったの?」 Aさん「だって、その時はこんな法案とは知らなかったのよ。」 高井「確かにBさんのおっしゃるとおりですが、知らせなかった我々政治家やマスコミの責任が大きい。でも今からでも遅くはない。次の選挙までやり続けてください。次の選挙で勝利すれば、法律は作り直すことができるのですから。」 Bさん「でも、来年の選挙の頃にはみんな忘れてるわよ。」 高井「だから、やり続けることが大事なんです。」 Aさん「よし。デモを続けましょう。デモの主催者に毎月続けるようにお願いに行くわ。そして我々も行動しましょう。毎月街頭に立って、安保法案に賛成・反対のアンケートをやりましょうよ。安保法案が廃案になるまでやるわよ。」 皆さん「やりましょう!ではさっそく役割分担するわよ。毎月の日にちも決めましょう!」 今週、我々国会議員は最後の最後まで諦めずに、あらゆる手段を講じて強行採決を阻止しますが、こうして有権者の皆さんが、民主主義の原点に立ち返り、立ち上がってくださることは心強い限りです。 「民主主義とは、市民が選挙で選ばれた代表を通じて、権限を行使し、市民としての義務を遂行する統治形態である」...

Read More

13 9月 今朝はアテネオリンピック女子マラソン日本代表の坂本直子さん(...

今朝はアテネオリンピック女子マラソン日本代表の坂本直子さん(元天満屋陸上部)を講師に迎えての、走健塾を開催。20名の参加者と一緒に汗を流しました。 前回に引き続き、坂本直子さんから、ウォーミングアップの大切さを学び、ランニングフォームも個別にチェックして頂くなど、充実した2時間を過ごすことができました。 視覚障害のあるお二人にも参加いただき、伴走も経験させていただきました。お二人とも早くて、ついていくのがやっとでした。 岡山マラソンまで2ヶ月を切りました。準備不足は否めないのですが、地元岡山市での初めてのフルマラソン。なんとか完走だけはしたいと思います。...

Read More

12 9月 本日は始発の新幹線で帰岡。秘書に岡山駅まで街宣車で迎えに来て...

本日は始発の新幹線で帰岡。秘書に岡山駅まで街宣車で迎えに来てもらい、そのまま終日街頭演説へ。 本日は、出石→南方→石井→三門→大元→西→御南→福田→妹尾→箕島学区をまわり、42ヶ所で5分間のスポット演説を繰り返しました。 「PKO法は3国会にまたがり1年間かけて審議した。国民の6割が反対、8割が審議不十分と思う中、わずか4ヶ月間の審議での強硬採決は絶対に許されない。」...

Read More

12 9月 岡山県聴覚障害者福祉協会の中西会長がわざわざ事務所を訪ねてく...

岡山県聴覚障害者福祉協会の中西会長がわざわざ事務所を訪ねてくださいました。 手話を正式な言語として認める「手話言語法」の制定を求める要望書を頂きました。手話を正式な言語として認める国は、欧州を中心に多数あり、憲法に規定している国もあります。 手話=言語というのは、既に国民的常識になっていると思います。法律に明確に位置づけることにより、学校での手話教育などがやりやすくなります。 厚生労働省が重い腰を上げないのであれば、議員立法での制定も考えねばなりません。ぜひ次の国会質問の機会に取り上げたいと思います。...

Read More

11 9月 維新の党では、本日「台風18号による大雨等災害対策本部」を立...

維新の党では、本日「台風18号による大雨等災害対策本部」を立上げました。 内閣府から被害状況について報告を受けましたが、死者3名、行方不明者22名とのこと。ただし、行方不明者はいったん連絡が取れたものの、その後行方不明になった方ということなので、全く連絡が取れない方は含まれておらず、今後さらに増える可能性もあります。 とにかく、人命救助を最優先し、被災された皆様が一日も早く安心して暮らすことができるよう全力を尽くすことを確認しました。 今は与野党あげて災害救助対策に当たるべきであり、このような状況下において、安保法案審議を進めるのはいかがかと思います。茨城県の福島のぶゆき衆議院議員が申入れをされたようですが、私も賛同します。...

Read More

10 9月 維新の党の部門会議で、平成28年度予算概算要求について、各省...

維新の党の部門会議で、平成28年度予算概算要求について、各省庁からヒアリングを行っています。 13時~18時まで、途中10分間だけ休憩をはさんで、5時間ぶっ通しで、9省庁の予算担当審議官・課長からヒアリングを行っています。 党内の混乱によって、国政政党として果たすべき役割が滞るようなことがあってはなりません。これから財務省の査定を経て、年末までに政府予算案が決まり、年明けの通常国会で審議されますが、国会審議で細かな予算案の修正は不可能なので、年末に政府案が決まるまでに、しっかり提案してゆきたいと思います。(野党ではありますが…)...

Read More

10 9月 ILLUSTRATED VIDEO | わかりやすいプロジェ...

原発ゼロの会・国会エネルギー調査会に出席しています。 「日本の原理力規制は変わったか?~国会事故調提言と規制委の3年間~」と題して、原子力コンサルタントの佐藤暁氏からの基調講演とともに、国会事故調が制作した「わかりやすいプロジェクト」ビデオが上映されました。 「事故は防げなかったの?」「原発の中で何が起こったの?」などの6つのテーマ毎に、それぞれ3分程度の動画ですが、素人でもわかりやすいビデオになっています。 インターネットで視聴できますので、よかったら視てみてください。 http://naiic.net/iv 1. 国会事故調ってなに? 1. What is the NAIIC? (English) 2. 事故は防げなかったの? 2. Was the nuclear accident preventable? (English) 3. 原発の中でなにが起こっていたの? 3. What happened inside the nuclear plant? (English) 4. 事故の後の対応をどうしたらよかったの? 4. What should have been done after the accident? (English) 5. 被害を小さくとどめられなかったの? 5. Could th…...

Read More

07 9月 東日本大震災復興特別委員会の視察で宮城県(東松島市、松島町、...

東日本大震災復興特別委員会の視察で宮城県(東松島市、松島町、利府町、亘理町、岩沼市)に行ってまいりました。 ちょうど1年前、岡山後楽ライオンズクラブのボランティア・スタディーツアーで、大学生・高校生と一緒に、石巻市、女川町、南三陸町を訪問した際に、仮設住宅にお住まいの方から、 「2年の約束で入ったのに、もう3年になる。冬になるとすきま風で寒い。いつになったら災害公営住宅に引っ越せるのか、目途も立たない。」 「災害公営住宅の建設が遅れているのは、東京オリンピックの影響で、建設資材の高騰と人手不足による調達不調が原因だと聞く。何とかして欲しい。」 というお話を聞いたので、前回の復興特別委員会では、その点を質問しました。 竹下復興大臣からは、 「調達不調になったのは調達価格が低すぎたためで、今年から引上げたので大丈夫だ。東京オリンピックの影響は関係ない。」 という答弁でしたが、本当にそうなのか?と疑問だったため、その点を確かめました。 災害公営住宅の供給率は、岩沼市のように100%の自治体もありますが、東松島市は32%にとどまっています。(石巻市は20%、女川町は25%。気仙沼市にいたっては未だ9%。) その原因を某首長に聞いてみたところ、やはり 「調達価格を引き上げても、建設資材高騰と人手不足で建設会社が震災復興事業をやりたがらない実態がある。」 とのことでした。 雇用にミスマッチがあり、事務職の有効求人倍率は0.5倍なのに対し、建設職は4倍、保安職は8倍とのこと。復興事業を早く進めるためには、とにかく、建設会社に復興事業を最優先で取組んでもらう政策を講ずる必要があることを痛感しました。 前回の復興特別委員会で提案した、「東京オリンピック関連事業の入札に参加する企業に対しては、復興事業に参加することを条件としてはどうか?」という制度を真剣に検討する必要があります。 改めて、次の委員会で提案したいと思います。 「百聞は一見に如かず」 これからも、政府からの情報を鵜呑みにすることなく、現場に足を運んで得た情報をもとに、質問するように心がけたいと思います。...

Read More

06 9月 本日は、あいにくの空模様(時おり大雨)でしたが、ひたすら街頭...

本日は、あいにくの空模様(時おり大雨)でしたが、ひたすら街頭演説を続けました。 本日は、岡山市の穀倉地帯(藤田・興除地区)で、30ヶ所のスポット演説を行いました。 「合憲か違憲か判断するのは最高裁。その最高裁元長官の『違憲』発言は極めて重い。PKO法は3国会にわたり、1年かけて議論を尽くした。それ以上に重大な変更を伴う法案を、わずか4ヶ月の審議で、国民の6割が反対、8割が審議不十分と言う中、強行採決するのはおかしい。維新の党案はまだまったく審議されていない。あと2週間、強行採決に『反対』の声を上げてください。」...

Read More

06 9月 岡山県精神障害者家族会連合会(岡山けんかれん)の設立50周年...

岡山県精神障害者家族会連合会(岡山けんかれん)の設立50周年記念式典に出席し、お祝いのご挨拶をさせて頂きました。 「けんかれんの皆さまとは、内尾センターに何度か訪問させて頂きました。特に、当事者、家族会、ボランティアの皆様が集まり、意見交換する場に参加させてもらったことが、今でも強く心に刻まれています。ご家族の方々の並々ならぬご労苦に、心から敬意を表します。国会議員としてできる、法制度の整備や補助金等の財政支援にしっかり取組みます。」...

Read More

06 9月 今朝の岡山はあいにくの大雨ですが、毎月第一日曜日恒例の京橋朝...

今朝の岡山はあいにくの大雨ですが、毎月第一日曜日恒例の京橋朝市に行ってきました。 どこへ行っても、「どっちへ行くの?」と聞かれますが、橋下さんも記者会見で答えているように、我が党はまだ分裂してません。 今はそれよりも、参議院で我が国の将来を決める法案を審議中です。我々国会議員は全神経をこの法案に集中すべきです。 今日もこれから街頭に出て、安保法案に対する私の考えを訴えてきます!...

Read More

06 9月 今日も地元行事日程の合間をぬって、岡山駅イオンモール前、天満...

今日も地元行事日程の合間をぬって、岡山駅イオンモール前、天満屋アリス広場前等の繁華街で、街頭演説をやり続けました。 「今は政局を論じている場合ではない」 という当たり前のお叱りを受けました。全くその通りです。このような党内の姿は、誠に恥ずかしく、有権者の皆さまに申し訳ない限りです。 安保法案の強行採決の日程が取り沙汰されていますが、最後まで諦めずに、 「今国会での採決はせず、いったん法案は取り下げ、次期国会において、合憲の維新案を中心に、再度国民的議論をすべき」 ということを、国会でも、岡山でも、訴え続けます。...

Read More

05 9月 岡山クレドで開催中の「猫の祭典2015」で行われた「トークセ...

岡山クレドで開催中の「猫の祭典2015」で行われた「トークセッション:野良猫の未来を考える」にゲストスピーカーとして参加してきました。 主催者である「スマイル☆プロジェクト」清水さんのコーディネートの下、犬猫の譲渡活動を行っている「NPO法人わんぱーく」茶本代表と、岡山市保健衛生課武本主任とともに「地域猫活動」について話し合いました。 私からは、先日の国会質問の模様や、3年後に控えた動物愛護法改正等について、お話いたしました。地方自治体が主役の「地域猫活動」ですが、国の制度や財政上の支援がまだまだ必要だなと痛感しました。 50名を超える皆さんが1時間以上にわたって熱心に聴いてくださいました。やっぱり、動物愛護活動家の皆さんは、アツい!...

Read More

04 9月 維新の党の両院議員懇談会に出席いたしました。 先週金曜日、橋...

維新の党の両院議員懇談会に出席いたしました。 先週金曜日、橋下徹最高顧問が、その前日に我々全国会議員に宛てたメール(「今、党を割ることはなしない」)を翻えし、「大阪維新の会を国政政党にする」と表明したことを受けて、党内は大混乱。連日マスコミからも、「高井議員はどちらへ行くのですか?」と聞かれます。 本日の懇談会では、松野代表から、橋下さんとの電話でのやりとりを含めて、この間の経緯の説明がありました。また、今回の騒動のきっかけとなった「民主党との合併協議」についても、松野代表からはっきりと、「合併とは一言も言っていない。ましてや民主党に吸収されることは500%ない」との発言がありました。本年2月の党大会で決めた「改革勢力を結集し、政権交代を目指す」とした活動方針に従って、「改革の精神を持った全く新しい野党をつくり、自民党に対抗していく」という考えを明確にしていただきました。 発言したほとんどの議員(松野代表ももちろん、大阪系議員も含めて)が、「党を割るべきではない」という意見でした。今なすべきことは、今年の党大会でみんなで決めた活動方針にしたがって、党内一致結束することであり、1%でも可能性がある限り、私は最後まで諦めずに努力します。 マスコミ報道を見て、「高井は迷っている。ふらふらしている」という風に思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、そんなことは全くありません。私はみんなで決めた「党の活動方針」を実現するために、これからも全力を尽くします。...

Read More

04 9月 維新分裂と野党結集 – まぶちすみおの「不易塾」...

さすが馬淵さん。冷静な分析だと思います。 http://t.co/cfL3tHkaOo  8月29日、維新の党を離党した橋下大阪市長は、自らが代表 を務める地域政党「大阪維新の会」を母体に新党を設立する意 向を表明した。 維新の党の国会議員51名のうち、おおよそ20名前後が「橋下新 党」...

Read More

03 9月 環境委員会で、「犬猫の殺処分ゼロと動物愛護の実現」について、...

環境委員会で、「犬猫の殺処分ゼロと動物愛護の実現」について、望月環境大臣、北村副大臣に対して質問しました。私は環境委員ではないので、この日だけ同僚議員に替わってもらい、質問に立たせてもらいました。 せっかくのチャンスなので、質問の前に、「なぜ殺処分ゼロをめざすのか」について、環境委員会所属の全国会議員に聞いて欲しいと思い、お話させていただきました。動物愛護センターで見た殺処分の悲惨な現状(ベルトコンベアーで運ばれた犬猫が殺処分機に入れられ、炭酸ガスで窒息死させられるが、死に切れない犬猫は生きたまま火葬される)、地域猫活動のために全国を飛びまわるNPOやボランティアが徹夜で猫を捕獲し、不妊去勢手術を行うTNR活動を見学した話、「猫の島」と言われる岡山県笠岡市真鍋島の話、ピースワンコジャパンの活動で有名な広島県神石高原町の話等々、私(及び秘書)が具体的に体験した話をさせていただきました。殺処分の悲惨な実態を知らない国会議員がほとんどで、質問後、多くの議員から、「知らなかったよ。何とかしないといかんな。」と声をかけられました。 また、動物愛護センターでの殺処分の話をFBに投稿したところ、シェアが900を超えたことも紹介すると、多くの議員から「それはすごい!」と声が上がりました。動物愛護以外で、これほどシェアやいいね!がある政策課題はありません。シェア900は、「殺処分ゼロ」が国民的関心事であることを客観的に示す数字です。これからも、一人でも多くの議員に伝えて、動物愛護に関心を持ち、殺処分ゼロに向けて取組んでもらおうと思います。 質問は、「地域猫活動に対する地域住民への普及啓発とTNR活動に対する財政支援をすべき」「マイクロチップ・迷子札を義務化し、財政支援すべき」「動物愛護センターを増設するための予算を増やすべき」「NPO等による団体譲渡を増やすべき」「悪質な動物取扱事業者の取締り強化や飼養管理基準の数値化などにより、劣悪な飼養環境を改善すべき」等々の質問をしました。 最後に、先日、動物愛護議員連盟で要請書を持参した際、望月大臣が「殺処分ゼロは必ず実現する」と明言されたので、「いつまでにどのように実現するのか」を問い質しました。残念ながら、大臣からは具体的な答えはありませんでしたが、私から、「大臣は先日『2020年東京オリンピックで来日された動物愛護先進国の方々から、日本が遅れていると思われないように、努力したい』と発言された。遅くとも2020年までには必ず殺処分ゼロが実現できるようにリーダーシップを発揮して欲しい。」と申し上げたところ、大臣は大きくうなずいてくれました。 環境省に確認したところ、持ち時間の全てを動物愛護問題だけ質問した国会議員は近年例がないとのこと。殺処分ゼロへの取組みは、まだまだこれからですが、大きな第一歩を踏み出せたと思います。これからも環境省を巻き込みながら、「犬猫の殺処分ゼロと動物愛護の実現」を目指して、全力で取り組みます。応援宜しくお願いいたします。...

Read More

02 9月 衆議院インターネット審議中継

このあと、内閣委員会において、今国会通算31回目の質問に立ちます。 ○ サイバーセキュリティ(年金情報漏洩事件を受けて、地方自治体のセキュリティをどう強化するのか?) ○ マイナンバー(ITベンダーが儲けすぎではないか? 中小零細企業の対応は間に合うのか?) ○ PFI法案(全国27ある国管理空港は全て民営化すべきではないか?) 等々について、質問します。 インターネットで中継されますので、ぜひご覧ください。 私の出番は11時07分~32分(25分間)の予定です。 http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php このビデオライブラリは、国会審議テレビ中継で収録した音声と映像をそのまま提供しています。...

Read More

01 9月 衆議院インターネット審議中継

いよいよ本日、「犬猫の殺処分ゼロと動物愛護の実現」について、本丸の環境委員会で質問に立ちます。 以下の項目について、望月環境大臣をはじめ環境省幹部に対して、30分間みっちり質問します。 ○ 地域猫活動への支援 ○ 迷子の犬猫対策(マイクロチップ義務化) ○ 動物愛護センター施設整備の財政支援 ○ 劣悪な繁殖、飼養環境の改善 ○ 動物虐待をなくすための取組み ○ 悪質なペットショップの取締り強化 ○ ペットオークションの廃止 最後に、先日、望月環境大臣が「犬猫の殺処分ゼロを目指す」と明言されたので、「いつまでに、どうやって、殺処分をゼロにするのか」をはっきり答えてもらおうと思います。 私の出番は、午後2時10分~2時40分の予定です。 インターネットで生中継されますので、よかったらご覧ください。(録画でも視聴できます) http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php このビデオライブラリは、国会審議テレビ中継で収録した音声と映像をそのまま提供しています。...

Read More

31 8月 おかやま都市ビジョン研究会に参加しました。 今回は「おかやま...

おかやま都市ビジョン研究会に参加しました。 今回は「おかやまの公共交通の未来」をテーマに、LRT推進派の岡さんと、BRT推進派の菅野さんとのトークバトルでした。5月に行われた都市ビジョン発表会では、一触即発となった両者なので、ハラハラドキドキのトークバトルでしたが、話してみれば、お二人とも目指すゴールは一緒。最後は両者がっちり握手して終わる、とってもいい会となりました。やっぱりコミュニケーションは大事だということに改めて気づかされました。 おかやま都市ビジョン研究会も、昨年4月に立ち上げて、1年半近く経ちますが、軌道に乗ってきました。私自身は、昨年末に代表を退いて、今はいちメンバーとして参加していますが、フューチャーセッションの手法を取り入れたディスカッション方式は格段に進化しているように思います。 次回は9月26日(土)(※奇しくも私の誕生日)に開催されますので、ぜひ、ご興味のある方はご参加ください!...

Read More

31 8月 先週は激動の1週間でしたが、週末はいつもと変わらず街頭演説を...

[gallery ids="17630,17633,17636,17639,17642"] 先週は激動の1週間でしたが、週末はいつもと変わらず街頭演説を続けました。 ニコ生放送で中継した岡山駅前の演説だけ、1時間以上にわたって、維新の党の分裂騒動について、この間の経緯や、私の想いをお話させていただきましたが、他の場所ではいつもと変わらず、 「政府の安保法案には断固反対。合憲かつ我が国を守ることに徹した維新案と比べて欲しい。強行採決を止める方法は、国民の皆さんが声を上げ、内閣支持率を下げるしかありません!」 と訴え続けました。国家の一大事に、お家騒動をやっている場合ではありません。 国会会期も残り1ヶ月を切りました。今こそ、全国の野党議員は、地元に帰り、「国民の皆さん。声を上げてください!」と訴えるべきです。...

Read More

30 8月 高井たかしの全力放送

本日21~22時、ニコ生放送をやります お騒がせしている維新の党の分裂騒動について、この間の経緯と私なりの思いをお伝えいたします。 先週月曜日、大阪で橋下市長や松井知事とお会いして、3時間ほどお話したので、その時の模様も含めて、お話できる範囲で、できるだけお話いたします。 また、先日地元岡山で開催した国政報告会のニコ生放送や、昨日のニコ生放送でお寄せ頂いたご質問にもできるだけお答えいたします。 今回は1時間の特別バージョンでお送りしますので、ぜひご覧ください。 http://live.nicovideo.jp/watch/lv233349755 維新の党『高井たかし』が皆さんの意見に答えつつ雑談してく放送です先週の放送中にお...

Read More

29 8月 高井たかし国政報告会

この後、17時30分から岡山駅ビックカメラ前で街頭演説を行います。 現在参議院で審議中の安全保障法案の状況(見通しも含めて)はもちろん、ご心配をおかけしている維新の党の現状についてもご説明いたします(わかる範囲でですが・・・)。 ニコ生放送でライブ中継しますので、よかったらご覧ください。 http://live.nicovideo.jp/watch/lv233291922 本日の放送内容予定・岡山都市ビジョン研究会(イベント中継)・岡山街宣中継放送中に...

Read More

29 8月 高井たかしの全力放送!!

おかやま都市ビジョン研究会に参加しています。 今日のテーマは「おかやまの公共交通の未来を考える」です。 ニコ生放送で生中継していますので、ぜひご覧ください http://live.nicovideo.jp/watch/lv233272222 本日の放送内容予定・岡山都市ビジョン研究会(イベント中継)・岡山街宣中継放送中に...

Read More